Service

老朽化に伴う機能性の低下を川崎市の外壁塗装にご相談

外壁改修工事や屋根塗装工事によって建物の防水性や耐久性を向上

建物の老朽化に伴って、外観が汚れてくすんでしまうことはもちろんのこと、特に深刻なのが機能性の低下です。耐水性・対候性・耐久性、建物のこれらの機能性が低下することによって、雨漏り・外壁の劣化速度が速まる、地震発生時の安全面の確保に対する懸念などといった悪影響が見られます。このような老朽化に伴う様々な弊害を、外壁塗装・外壁改修・屋根塗装工事などで解決する事業を、川崎市で展開してまいりました。老朽化に伴う定期メンテナンスをご用命の際は、無料の見積もりのご依頼をお待ちしております。

最も手軽なメンテナンス法である外壁塗装工事を川崎市のお客様へ

外壁の機能性を最も手軽に向上させる手段として、塗膜を新しく塗り替えるといった方法がございます。この方法が適正価格で、短い工期で効率的に外壁の防水性や対候性を向上させ、この塗膜の機能性向上が建物の耐久性・資産価値の維持へと繋がってまいります。防水性は言わずもがな、雨水が外壁から建物の内部へと浸水してしまうことを防いでくれています。

建物内部に雨水が浸水してしまうと基礎部分の腐食が進み、耐久性の低下は否めません。また、紫外線を浴び続けることにより、塗膜は徐々に劣化していき、チョーキング現象を引き起こします。このような壁に手を触れたときに白い粉が付着する現象が見られたときには、塗膜を塗り替えるサインであり、建物全体の審美性を刷新するためにも、皆様からのご依頼をお待ちしております。

老朽化で外壁塗装が追いつかない建物の外壁改修を川崎市で行う

塗膜の塗り替えを10年を目安に行うことで、建物の外壁が紫外線で老朽化が進んでしまうことを防ぐことに繋がります。しかしながら、塗膜も紫外線で劣化が進み、塗り替える直前には外壁への紫外線の悪影響が出ることもございます。さらに外壁自身も呼吸するもの、夏場や冬場でも微妙に大きさが異なり、この面積の変化をカバーするためにシーリングがその変化を緩衝させる役目を担っているのです。

しかしながら、このシーリングも紫外線と経年劣化で、次第に弾力が失われ、ひび割れが起こるものです。こうなると外壁に対しての緩衝性を損ない、さらに外壁自身の老朽化も伴ってクラッキング(ひび割れ)やタイルの剥離などの発生が懸念されます。こうなると塗膜の刷新のみでは対応し切れないため、外壁改修工事を通してこれらの懸念を払拭いたします。

屋根塗装工事を外壁塗装工事と並行して川崎市で請け負います

屋根の内部には防水シートが施工されているケースが大半ですが、この防水シートも万能ではなく、屋根の塗膜が劣化してクラッキング等が発生することで、雨水の浸水を防ぎ切れず、雨漏り→建物の耐久性の低下へと発展することが懸念されます。

屋根塗装の工事を請け負うことで、屋根部分の防水性能を高めていくことも見込まれます。屋根塗装をすることで美観を保つだけでなく、雨漏り防止にもなります。
地域密着型の当社に、川崎市の皆様のおうちのサポートをさせてください。